不動産関連税務

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの不動産税務グループでは、各種不動産税・動産税関連の総合サービスをご提供しております。不動産税務に関わる業務は、不動産鑑定士、弁護士その他専門コンサルタントの技能と知識を統合した、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの鑑定評価グループの中核業務です。

不動産税務は通常、資産を所有する上で債務返済に次ぐ最大の費用です。弊社のチームは、一般的な不動産、ホテル、テーマパーク、港湾、物流施設、データセンター、通信システム、発電・送電ネットワークおよびその他の特定資産の評価に関してお客様にアドバイスをご提供する、優れた不動産税務コンサルタント集団です。お客様の不動産税務を管理し、申告を行っていただけるようサポートします。

不動産税務評価の実施要領・手続は国によって大きく異なります。不動産の所有者・管理者様には、次のような弊社の強みを活用していただけます。


  • 現地の不動産関連法制度における課税システムを理解し、不動産申告の期日・要件等を全て認識していること。
  • 州法および現地の評価方法が資産価値にどのように影響するかを把握していること。
  • 法に照らした市場調査、適正な評価根拠に基づいた物件の評価水準の分析。
  • 不動産が有利に評価されているかどうかを認定すること。有利な評価に異議を唱えると投資による利益が見込めない、税額が増すという危険性が生じます。
  • あらゆる減税・優遇措置を確認し、追求すること。

サービス 


税務管理・処理

弊社の専門スタッフが、税評価の追跡・監査およびポートフォリオ全体の分析等、不動産税務に関する包括的なサービスをご提供します。 

異議申立て

弊社はお客様のために評価に関する異議申立ての作成・提出・折衝を行います。

訴訟支援

正式な異議申立てが必要となる場合、弊社は弁護士と協働し、主要な問題点を明確にして訴訟戦略を策定します。代表者と緊密に協力して不動産の財務・評価要素を把握し、弁護団と共に意思決定プロセスを行います。弊社は、香港の土地裁判所 (Lands Tribunal) における大規模訴訟で固定資産税納税者のために出廷する指定を受けた、唯一のコンサルタント会社です。

付加価値 – クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドのアプローチのメリット

不動産税務の重要性と複雑さをふまえ、弊社の専門スタッフが専門知識とガイダンスをご提供します。弊社の経験から、税に関する異議申立てにおいては、鑑定評価の専門知識こそが最も重要な要素であることが証明されています。

実績・リソース 


商業、工場、住宅および特殊目的向け物件などあらゆる種類の不動産の専門家を含む弊社スタッフは豊富な経験を有しています。タイムリーに、効率的に不動産税関連のサービスをご提供するために必要な能力を備え、広範な地域に対応しています。