工業

規制当局への申請ならびに取引に役立つ、工業用物件(工場・物流施設等)の市場価格および適正価格に関する見解をご提供します。

信頼のグローバルブランドの名のもと、弊社の不動産賃貸および投資市場での実績に基づく確かな見解をお受け取りいただけます。

変動を続ける市場で、不動産の賃貸・投資・管理に関する投資家・テナント・レンダー・デベロッパーの皆様の意思決定を弊社のアドバイスがサポートしています。

財務報告

弊社では、IFRS、HKAS、日本の会計基準またはFRS に準拠した規制当局への報告書および財務報告書を作成していただけるよう、評価に関する費用対効果の高い見解を定期的にご提供いたします。

融資

優れた適正評価手続きの提示および物件の収益を様々な状況で検討することにより、レンダー様の意思決定プロセスをサポートします。

企業買収・売却

直接的・間接的に不動産を所有する会社の売買では、提示された購入・売却価格を裏付けるための正式な鑑定評価が必要となる場合があります。

不動産売買

不動産物件の売買では、提示された購入・売却価格を裏付けるための正式な鑑定評価が必要となる場合があります。

株式上場・新規株式公開

世界の株式市場における、株式上場による資金調達のための不動産鑑定評価をサポートします。

サービス


市場への直接参加

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド の仲介・キャピタルマーケットチームが鑑定評価スタッフを支援しています。市場での実践経験に基づくリアルタイムな評価・見解をご利用いただけるため、市場から離れた場所での事後的な他の評価サービスよりも有利です。

市場セクタースペシャリスト

弊社では鑑定評価スタッフをグループ化し、地域やセクター、市場参加企業に応じて市況を把握しています。弊社の膨大な経験を各グループで共有し、特定の市場セグメントに集中することにより、お客様に最良のアドバイスをご提供いたします。

法規制への対応

弊社は、国内外の会計基準を満たす評価が要求される法規制に準拠したサービスをご提供しています。法規制を厳格に遵守し、厳しい監査手続に対応する弊社のアドバイスにお客様の信頼が寄せられています。

付加価値 – クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドのアプローチのメリット


事業背景

お客様の事業における様々な意思決定に弊社のアドバイスを関連付けることが重要であることを弊社は認識しています。ビジネスプロセスならびに意思決定において、資産価値を把握することは極めて重要です。

現地主義

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、不動産の鑑定評価は現地で実施すべき業務であると考えています。ローカルマーケットの第一線で活躍する地元の専門家として、弊社の鑑定評価スタッフが、アジア地域の主要都市に配置されています。

グローバルリーチ

世界有数の不動産サービスプロバイダーとして、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは複数拠点の大型ポートフォリオに対応します。グローバルなサービスと各地域の知見により、弊社は広範な地域に及ぶ複数の物件に関して分析・査定・報告を行うことが可能です。

組織の一元化

弊社はお客様のニーズに応じてサービスを体系化し、弊社のサービスを最も効率的な方法でお届けいたします。このため、弊社では現地の鑑定評価チームを一元的に組織しています。業務の範囲と規模に対応する、弊社の一元的組織がお客様の業務効率および経営効率の向上に貢献します。

実績・リソース 


86ヵ所の拠点に約600名のプロフェッショナルを配置した弊社の鑑定評価グループは、世界有数の総合的な不動産査定アドバイザー集団です。アジア太平洋地域では、8ヵ所の拠点に55名のプロフェッショナルが配置されています。昨年度の鑑定評価件数は3,000件、鑑定評価総額は730億米ドルに上ります。