観光・レジャー 

クッシュマン・アンドウェイクフィールドは、規制当局への申請や取引に役立つ、ホテル物件の市場価格および適正価格に関する見解をご提供いたします。加えて、開発時の不動産鑑定評価、フィージビリティスタディ、仲介、オペレーター選定、市場調査等も行います。

信頼のグローバルブランドの名のもと、市場や取引条件、経営者の能力に関する弊社の知識に基づく市場に即した見解をお受け取りいただけます。
観光地の高級ホテルから地方の宿泊施設まで、弊社のサービスはアジア全域の不動産所有者・投資家・経営者・金融機関の皆様を対象としています。

ホテルは不動産取引の対象ですが、物件は取引の一つの要素に過ぎません。物件への投資、ホテルの売却・購入、ホテル物件を担保とした融資など、案件に関わらず、所有者・投資家・レンダーの皆様は、弊社のアドバイスによって十分な情報に基づく決定を下すことが可能となります。

サービス 


弊社のレポートでは、次の各項目に関する見解を提示しています。

物件

物件の状態に関する見解を示し、必要なCAPEX (設備投資) を明確にします。

オペレーション

既存の業績に関して競合他社との比較による見解を述べ、事業の潜在能力に関する分析を提示します。

業績予測

必要に応じて、弊社独自の業績予測を作成します。

鑑定評価

弊社の鑑定評価は、収益還元法、DCF法など、様々な手法を網羅しています。市場の実例に照らして弊社の結論を評価するとともに、業界における先行きに関する弊社の知識をベンチマーク化しています。

付加価値 – クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドのアプローチのメリット


独立性

弊社は利益相反が一切ないことを確保し、公正中立なアドバイスを提供しています。

実績

アジア全域における豊富な経験を有する弊社の鑑定評価は、市場の動向と市場心理を反映して作成されます。

専門知識

弊社の見解は十分な根拠に基づいており、ディレクターが各報告書を監督しています。ホテルの種類や料金体系に関わらず、各案件に最高の業務水準を適用しています。

実績・リソース


86ヵ所の拠点に約600名のプロフェッショナルを配置した弊社の鑑定評価グループは、世界有数の総合的な不動産査定アドバイザー集団です。アジア太平洋地域では、8ヵ所の拠点に55名のプロフェッショナルが配置されています。昨年度の鑑定評価件数は3,000件、鑑定評価総額は730億米ドルに上ります。

最近のケーススタディ

全国130物件以上のホテルポートフォリオ評価

続きを読む