YのページX
  • 2019年 第2四半期 日本物流施設「マーケットビート」レポート発行

    グローバル不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町)は、第2四半期不動産市場レポート「日本物流施設 MarketBeats」を発行しました。


    続きを読む

  • 2019年 第2四半期 日本リテール「マーケットビート」レポート発行

    グローバル不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町)は、第2四半期不動産市場レポート「日本リテール MarketBeats」を発行しました。

    続きを読む

  • クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド アジア太平洋リサーチ統括者就任のお知らせ

    グローバル不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町)は、新たにアジア太平洋のリサーチ統括に2名の新たな任命があったことをお知らせいたします。ジェームス・シェパードがアジア太平洋統括ヘッド・オブ・リサーチに、そしてアジア太平洋ヘッド・オブ・インサイト・アンド・アナリシスにドミニク・ブラウン博士が就任します。

    続きを読む

  • C&W、特定建設業許可取得のお知らせ

    クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは傘下のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・コンストラクション合同会社(CWCGK)において、平成31年4月9日付で特定建設業許可を取得しました。

    続きを読む

  • C&W、種田充博がリーシング部門エグゼクティブ・ディレクターに就任

    2019年4月1日付で種田充博をクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド日本法人のリーシング・アドバイザリー・グループ、エグゼクティブ・ディレクターとして迎え入れました。

    続きを読む

  • グローバル製造業拠点インデックスにおいて テクノロジーの導入が進む中国が第1位を確保

    クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは本日、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域(EMEA)、米州、アジア太平洋地域(APAC)におけるグローバル製造業者による事業拡大または事業移転に最適な48の立地を評価する調査結果を発表しました。製造業者の個々の要件は異なるものの、政府によるテクノロジー導入投資の拡大により中国が良好なパフォーマンスを示した一方、政治・経済リスクの最小化を図る製造業者にとって米国は最も魅力的な立地となっています。

    続きを読む

  • クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド プロジェクト&ディベロップメント・サービス 統括責任者就任のお知らせ

    クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド プロジェクト&ディベロップメント・サービス 統括責任者就任のお知らせ
    続きを読む

  • C&W、大阪の大規模物流施設を取得

    グローバル不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ)は本日、グループ傘下のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメント株式会社(本社:千代田区永田町)がジェイ・エル・シー特定目的会社を通じて、2018年8月28日大阪府堺市の大規模物流施設を取得したと発表しました。


    続きを読む

  • 世界不動産投資1兆8千億ドル到達、アジア投資の影響色濃く

    不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ)が発行した年刊レポート「Winning in Growth Cities(成長都市への投資)」によると、地政学的不確実性や景気循環の低下局面に関わらず世界不動産市場の投資額は2018年6月までの12か月間で1兆8千億米ドルに到達しました(2017年は1兆5千億米ドル)。本レポートは最も投資資金を魅了した都市を年に一度集計し世界の商業不動産投資の活況度合いを調査しています。


    続きを読む

  • C&W、ユーロマネー誌の2018年リアルエステートサーベイで世界最優秀賞を受賞

    グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、C&W)は、イギリスの金融専門誌ユーロマネー誌が実施した2018年リアルエステートサーベイにおいて、「アドバイザー&コンサルタント部門」で世界最優秀賞を受賞しました。また地域別では、アジア、中欧・東欧、中国と北米、国別ではアルゼンチン、チェコ共和国、イタリア、ポルトガル、スロバキア、トルコと米国でも最優秀賞を同時受賞しました。 

    続きを読む

  • 日本リテール市場レポート発行

    2018年9月26日 - グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド株式会社(本社:千代田区永田町)は本日、日本の目抜き通りリテール市場に関するレポート「プライム・リテール・マーケット・アクロス・ジャパン:ミレニアル世代とインバウンドに向けた路面戦略の変化」を発行しました。本レポートでは、賃料ランキングに焦点を当てながら、新たな消費世代と増加したインバウンド観光客に対応すべくリテール市場が変革を続けていることが再確認されました。
    続きを読む

  • クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド、豪でInc REを買収

    シドニー、2018年7月19日-不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(以下「C&W」)は本日、オーストラリアで不動産売買や投資アドバイザリーを行うキャピタルマーケッツ大手Inc REの買収を成立させたと発表いたしました。
    続きを読む

  • シンガポール上場投資信託の大阪ホテル売買契約締結を鑑定で支援

    東京、2018年6月29日 – 不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド株式会社(本社:千代田区永田町、以下「C&W」)は、シンガポール証券取引所に上場するアセンダス・ホスピタリティ・トラスト(A-HTRUST)に対し、大阪のホテル3アセットについての不動産鑑定評価を行いました。A-HTRUSTはその後当該アセットの購入を決定し、C&Wはクライアントの日本における更なるポートフォリオの拡充を支援しました。
    続きを読む

  • C&W、湘南アイパークに不動産支援

    不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、武田薬品工業株式会社が2018年4月に湘南ヘルスイノベーションパークとしてグランドオープンした「湘南アイパーク」について総合不動産支援を行っています。
    続きを読む

  • 2018年コワーキング最新動向

    レポート「アジア太平洋地域コワーキング動向 ― 今やビジネスソリューション」によると、2017年のアジア太平洋(APAC)地域におけるコワーキングスペースの賃貸借面積は2016年に比べて倍増したことが報告されました。

    続きを読む

  • アジアの資金力 世界不動産投資市場で最強に

    不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(日本本社:千代田区永田町)は、年刊不動産投資市場レポート「グローバル・インベストメント・アトラス2018」を発表しました。このレポートは、2017年の国際的な投資パターンを分析しながら、2018年の市場パフォーマンスを予測しています。それによると、2017年は前年の1.43兆米ドルを上回る過去最高の投資額1.62兆米ドルが世界で不動産に投資され、なおかつ2018年は更なる伸びが期待されると報告されました。

    続きを読む

YのページX