2019年 第3四半期 日本リテール「マーケットビート」レポート発行

ハイライト:

  • 新宿の賃料上昇率(YoY): 0.0%
  • 銀座の賃料上昇率(YoY): 0.0%
  • 小売業販売額上昇率( 夏,YoY): 0.1%

  • 増税前の駆け込み需要で小売業販売額増
  • 体験・交流型店舗出店が加速
  • キャッシュレスにより広がる店舗無人化

東京、2019年10月24日
– グローバル不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町)は、第3四半期不動産市場レポート「日本リテール MarketBeat」を発行しました。このレポートは、四半期ごとに市場のパターンを分析しながら、来期の市場パフォーマンスを予測しています。主な調査結果は次の通りです。

増税前の駆け込み需要で小売業販売額増
日本全体の小売業販売額は、夏期において前年同期比で0.1%増加をしました。7月は長雨と冷夏の影響で、衣類や食品の販売が不調であったが、増税前の駆け込み需要もあり、夏期全体の販売額が伸びました。大手百貨店の9月の売上高も前年同月比で大幅に上回ったと報道されました。

体験・交流型店舗出店が加速
実店舗の変革がさらに変わりつつあります。6月にリニューアルオープンした「東急ハンズ池袋店」や9月開業の「誠品生活日本橋」は、単なる小売店ではなく、交流や体験の場として顧客とのつながりを高める狙いです。同様に、直近1年半でAppleは直営店の売場面積を50%以上増加させました。昨年の新宿・京都出店、及び渋谷店のリニューアル・拡大に続き、今四半期は福岡店を移転増床し、国内における最大規模の「Apple 丸の内」を開業しました。新店舗は一等地にありながら、体験講座を行う「フォーラム」やアプリビジネスを展開する企業のサポートを提供する「ボードルーム」も設置されました。年内にもう1店舗をオープンする予定で、Apple社が日本マーケットでの出店攻勢をかけています。

キャッシュレスにより広がる店舗無人化
政府は消費増税後の影響緩和とキャッシュレス決済促進にむけ、増税後のキャッシュレス決済に伴うポイント還元を実施しました。キャッシュレスの普及により、無人店舗時代の到来も見えてきました。JR東日本は無人AI決済店舗を開発する会社に出資し、JR武蔵境駅に無人店舗を開設しました。NTTデータも六本木で無人店の実験を開始しました。また、EコマースのアパレルブランドFabric Tokyoは無人型のオーダーメイドデニム店舗の展開を発表しました。この他にも各社が無人店舗の導入に力を入れています。

須賀 勲(C&Wヘッド・オブ・リテール・サービス)は次のように述べています。
「10月1日の消費税アップを前に前回ほどではないものの一部高額品中心に駆け込み需要がみられました。ラグジュアリーブランドやジュエリーブランドは記録的な売上を出したところもあるようです。
Q4にはいよいよ100年に一度といわれる渋谷地区再開発の開業が始まります。町全体の活況が賃料動向にどう影響するか注視していきます。」



ー以上ー


下記よりレポートをダウンロード頂けます。
https://go.cushmanwakefield.com/l/524671/2019-10-22/3s2fgfq/524671/188365/Japan__Tokyo__Retail_Q3_2019_JPN.pdf


レポートについてのお問い合わせ:


鈴木英晃, PhD FRICS

ディレクター、ヘッド・オブ・リサーチ&コンサルティング
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド
+81 3 3596 7804
hideaki.suzuki@cushwake.com 


須賀 勲
シニエグゼクティブ・ディレクター、
ヘッド・オブ・リテール・サービス
isao.suga@cushwake.com 

メディア・コンタクト:
岡安 祐子

ヘッド・オブ・マーケティング&コミュニケーションズ
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド
+81 3 3596 7045
yuko.okayasu@cushwake.com


クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドについて
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(ニューヨーク取引証券所:CWK)は、オキュパイヤーとオーナーの皆様に有意義な価値をもたらす世界有数の不動産サービス会社です。約70カ国400拠点に51,000人の従業員を擁しています。プロパティー・マネジメント、ファシリティー・マネジメント、プロジェクト・マネジメント、リーシング、キャピタルマーケッツ、鑑定評価などのコア・サービス全体で、2018年の売上高は82億ドルを記録しました。詳しくは、公式ホームページwww.cushmanwakefield.com にアクセスするか公式ツイッター @CushWake をフォロー下さい。