2019年秋期 東京データセンター「マーケットビート」レポート発行

PDFをダウンロード 

上部にあるPDFアイコンをクリックすると、日本語版レポートをダウンロードいただけます。 

グローバル不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町)は、2019年秋期 東京データセンター「マーケットビート」レポートを発行しました。このレポートは、2半期ごとにデータセンター市場のパターンを分析しながら、来期の市場パフォーマンスを予測しています。主な調査結果は次の通りです。

市場概況

金融やテクノロジー等高度な計算能力を必要とする産業が日本経済 の主な原動力となっており、それら産業が集積する東京は依然として 世界有数のデータセンター市場規模を有している。同市場は2018年にかけて比較的減速したものの、現在新たな動きを見せている。Colt、 Equinixに加え三菱商事とデジタル・リアルティの合弁会社であるMCデ ジタル・リアルティは、首都圏で2020年から2021年にかけて完成予定 の新しいプロジェクトを発表する。大規模なデータセンターが集積しつつある千葉県印西市のほど近くにある白井市において、IIJは新しいデータ センターキャンパスを今年の半ばに稼働させた。5月には米グーグルが日 本で初となるデータセンターを印西市へ建設すると発表。オーストラリア に本社を置くグッドマングループが所有する「グッドマンビジネスパーク」の一部の土地を買収した。先進国市場と同様に、中型大企業のIT支 出に占めるクラウドサービスの割合は、インフラ近代化やワークロードの移行につれ、今後数年で少なくとも20-25%増加することが見込まれている。大阪ではデータセンターの拠点として継続的に発展している事も あり、国内データセンター市場は引き続き好調に推移する見通し。

エコシステムの発展

  • オラクルは日本のクラウド投資における持続的な成長に対応する為、クラウドインフラストラクチャのデータセンターを東京に開設した。 今後はムンバイ、ソウル、シドニーに新しいリージョンの開設を予定しており、アジア太平洋地域全体でサービスを強化していく。
  • Reveal Dataは8月、東京に世界全体で19拠点目となる新しいデータセンターを開設し、グローバルでの成長を拡大し続けている。 同社は、法務部門向けにeディスカバリソフトウェアの作成や、法律事務所向けに様々な関連ソリューションの提供を行う。
  •  NTTは2020年に Dimension Data, RagingWire, e-shelter, NetMagic等世界各地のデータセンター及びサービス子会社を単一のNTTブランドとしてリブランディングすることを発表した。 現在20か国にデータセンターを保有し110億ドルの収益を上げている。
土地売買

建設動向


本レポートに関するお問合せ:

鈴木 英晃、 PhD FRICS
ディレクター、ヘッド・オブ・
リサーチ&コンサルティング
+81 3 3596 7804
hideaki.suzuki@cushwake.com


ケビン インボーデン(KEVIN IMBODEN)
ディレクター・オブ・データセンター・リサーチ
グローバル・データセンター・アドバイザリー・グループ
+ 1 408 436 3622
kevin.imboden@cushwake.com


メディア・コンタクト:

岡安 祐子                                                             
ヘッド・オブ・マーケティング&コミュニケーションズ
+81 3 3596 7045
yuko.okayasu@cushwake.com

GLOBAL DATA CENTER ADVISORY GROUP
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドのデータセンター・アドバイザリー・グループは、データセンターに関わるユーザー、 オーナーそして環境に対する不動産ソリューションを提供する専門家グループです。高い実現可能性、信頼性そ して守秘性を原動力に我々の専門家は、クライアントの効果的な経済的ゴールを達成することを支援しておりま す。我々の専門知識は、コロケーション、コントロールセンター、開発、パワード・シェル、トレーディングフロアーを網 羅しており、現地市場と市場動向の深い洞察から付加価値を与えます。

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドについて
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(ニューヨーク取引証券所:CWK)は、オキュパイヤーとオーナーの皆様に有意義な価値をもたらす世界有数の不動産サービス会社です。約70カ国400拠点に51,000人の従業員を擁しています。プロパティー・マネジメント、ファシリティー・マネジメント、プロジェクト・マネジメント、リーシング、キャピタルマーケッツ、鑑定評価などのコア・サービス全体で、2018年の売上高は82億ドルを記録しました。詳しくは、公式ホームページwww.cushmanwakefield.com にアクセスするか公式ツイッター @CushWake をフォロー下さい。