クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド、普通株式を新規公開

シカゴ、2018年8月6日 – 不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町、以下「C&W」)は、普通株式4500万株につき1株当たり17.00米ドルの新規公開価格での公募を完了したと発表しました。本新規公開に伴い、引受会社はC&Wから675万株を追加購入するオプションを行使しました。株式は2018年8月2日付でニューヨーク証券取引所に上場され、ティッカーシンボル「CWK」で取引されています。

C&Wはまた、香港の万科サービスに今回の株式公開と引受会社による普通株式追加購入後の発行済み株式総数の4.9%にあたる普通株式を私募割り当てしたことも発表しました。

C&Wは普通株式の発行による手取金を債務残高の削減、特に第二順位担保付ローンの返済のほかに、キャシディー・ターリー買収に関連した延べ払い義務残高の返済に充て、残りの手取金は一般的な会社目的に利用する予定です。

モルガン・スタンレー、J.P.モルガン、ゴールドマン・サックス、UBSインベストメント・バンクが今回の公募の共同主幹事ならびに引受会社の代理を務めました。また、バークレイズ・キャピタル、バンクオブアメリカ・メリルリンチ、シティグループ・グローバル・マーケッツ、クレディ・スイス・セキュリティーズ(USA)とウィリアム・ブレア&カンパニーも本公募の共同主幹事を務めました。TPGキャピタルBD、HSBCセキュリティーズ(USA)、クレディ・アグリコル・セキュリティーズ(USA)、JMPセキュリティーズ、チャイナ・ルネッサンス・セキュリティーズ(US)、フィフス・サード・セキュリティーズ、アカデミー・セキュリティーズ、ループ・キャピタル・マーケッツ、サミュエル・A・ラミレス&カンパニー、シーバート・シスネロス・シャンク、そしてウィリアムズ・キャピタル・グループが今回の公募の共同幹事を務めました。

今回の公募は、有効な登録届出書の一部を構成する書面による目論見書によってのみ行われました。最終目論見書は、モルガン・スタンレー(Attention: Prospectus Department, 180 Varick Street, 2nd Floor, New York, NY 10014)、J.P.モルガン・セキュリティーズ(Attention: Broadridge Financial Solutions, 1155 Long Island Avenue, Edgewood, NY 11717、Eメール: prospectus-eq_fi@jpmchase.com)、ゴールドマン・サックス(Attention: Prospectus Department, 200 West Street, New York, NY 10282、電話:866-471-2526またはEメール: prospectus-ny@ny.email.gs.com)またはUBSセキュリティーズ(Attention: Prospectus Department, 1285 Avenue of the Americas, New York, NY 10019、電話:888-827-7275またはEメール: olprospectusrequest@ubs.com)から入手できます。

これらの証券に関する登録届出書は、米国証券取引委員会(SEC)により2018年8月1日付けで有効と認められました。本プレスリリースは、これらの証券の販売の申し出や購入の申し出の勧誘に当たるものではなく、いかなる州または法域においても、当該州または法域の証券法により登録または認可前のこのような申し出、売り出しまたは勧誘が違法とされている場合、これらの証券を販売することはできません。

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドについて

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(ニューヨーク証券取引所:CWK)は、アイディアを実行に移すことで、オキュパイヤーとオーナーの皆様に有意義な価値をもたらす世界有数の不動産サービス会社です。世界最大規模の不動産サービス会社で、約70カ国400拠点に48,000人の従業員を擁しています。プロパティー・マネジメント、ファシリティー・マネジメント、プロジェクト・マネジメント、リーシング、キャピタルマーケッツ、鑑定評価などのコア・サービス全体で、2017年の売上高は69億ドルを記録しました。詳しくは、公式ホームページwww.cushmanwakefield.com にアクセスするか公式ツイッター @CushWake をフォロー下さい。

メディア・コンタクト:
Brad Kreiger
+1 312 424 8010
Brad.Kreiger@cushwake.com

将来見通しに関する記述についての注意事項

本プレスリリースにおける過去または現時点の事実ではない記述は、将来見通しに関する記述です。将来見通しに関する記述は、将来の出来事に関するクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの現時点の期待または予想を反映しています。将来見通しに関する記述は、既知および未知のリスク、不確実性およびその他の要因を含んでおり、これらが原因となって、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの実際の結果、業績または成果が将来見通しに関する記述によって明言または含意された将来の結果、業績または成果と大きく異なるものとなる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性の一部は、フォームS-1による登録届出書の「リスク要因」および「将来見通しに関する記述についての注意事項」と題したセクションで説明されています。クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、法律により義務付けられる場合を除き、本プレスリリースの日付以降の状況または出来事を反映して将来見通しに関する記述を正式に更新または訂正する義務を負うものではありません。

コンタクト

Brad Kreiger

Head of Global Marketing and Communications

連絡