C&W、湘南アイパークに不動産支援

ipark_220x160
クリックすると拡大します
東京2018年5月24日 – 不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国シカゴ、日本本社:千代田区永田町、以下「C&W」)は、武田薬品工業株式会社(本社: 大阪市中央区、以下「Takeda」)が2018年4月に湘南ヘルスイノベーションパーク(以下、「湘南アイパーク」)としてグランドオープンした施設について総合不動産支援を行っています。

湘南アイパークは、TakedaのR&Dの拠点の一つである湘南研究所を、ベンチャーセグメントを含む産官学に開放したヘルスイノベーションパークです。ヘルスケアに関わる大学などの研究機関はもとより、ベンチャー企業、製薬・医療機器企業などのパートナーの入居を目指し、アントレプレナーシップ及びパートナーシップを推進するエコシステムとなります。また、ライフサイエンスにおける産官学連携の架け橋となり、課題を解決するための研究活動を支援します。

C&Wは、総合不動産支援の一環として、交通アクセスも良く、豊かな自然環境に恵まれた湘南の立地を生かして、延べ310,000㎡に渡る最新鋭の研究設備が整った巨大研究施設に外部から製薬や医療機器、ベンチャーやアカデミアなど研究開発に取り組むテナント企業を誘致します。また、アジアを代表するイノベーションパークとして、C&Wのグローバルネットワークを活かして海外においても誘致活動を積極的に行います。

2018年4月13日に行われた開所式典には、黒岩祐治 神奈川県知事をはじめ、政府、病院関係者など350名を招き、またTakedaからは代表取締役CEOのクリストフ・ウェバー氏をはじめとするTakeda Executive Teamメンバーが多数出席しました。


湘南ヘルスイノベーションパークグランドオープン

https://www.takeda.com/jp/newsroom/featured-topics/establishing-eco-system-for-health-innovation-in-shonan-japan/


本件に関するお問合せ:

山藤 直孝
アソシエイト・ディレクター、リーシング・アドバイザリー・グループ
+81 3 3596 7867
naotaka.yamafuji@cushwake.com

メディア・コンタクト:

岡安 祐子
ヘッド・オブ・マーケティング&コミュニケーションズ
+81 3 3596 7045
yuko.okayasu@cushwake.com


クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドについて
 

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、約70カ国400拠点にまたがる48,000人の従業員が、アイディアを実行に移すことで、オキュパイヤーとオーナーの皆様に卓越した価値をもたらす世界有数の不動産サービス会社です。プロパティー・マネジメント、ファシリティー・マネジメント、プロジェクト・マネジメント、リーシング、キャピタルマーケッツ、アドバイザリー等のコア・サービス全体で、2017年の売上高は69億ドルに上ります。詳しくは、公式ホームページwww.cushmanwakefield.com または公式ツイッター @CushWake にアクセス下さい。