2018年APACオフィス市場予測発表

アジア太平洋地域のオフィス市場 2018年も堅調に

  • シンガポールの賃料 約10%アップとAPACで最も高い成長を予測
  • 東京のプレミアムオフィス増加 アジアヘッドクオーターとして魅力上昇へ

東京、2018年1月18日 – 不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(日本本社:千代田区永田町)は、アジア太平洋地域のオフィス市場における2018年の予測レポート「アジア太平洋地域の堅調なる推移」を発表しました。そのレポートによると新規供給がピークを迎える2018年、アジア太平洋地域のオフィス市場は健全なテナント需要と賃料成長に支えられ堅調に推移すると予測されます。同調する世界経済の回復が、金融や経済のゲートウェイ・シティーに有利に働くと考えられます。銀行は、良好な経済を裏付けとして改善した経常利益、建設的な規制環境、そして追加利上げもあり、業績の改善を見せています。更にアジア太平洋地域の株価上昇も市場センチメントを押し上げています。

主要ゲートシティーの動向


アジア太平洋地域のゲートウェイ・シティーであるシンガポールと香港では、既に高いオフィス賃料がさらに上昇すると予想されます。特に、シンガポールにおいては、2018年新規供給が抑制されることにより賃料の回復が予想され、この予想賃料成長率は同地域で最も高い10%程度と見込まれます。過去2年以上の下降時期を経て、シンガポールは、香港の強力なライバルとなるべく急激に巻き返していくことでしょう。一方、香港においては、2017年に上昇したオフィス物件の価格と賃料は2018年も持続するとみられます。中国企業による需要が賃料上昇のプッシュ要因です。中国本土企業の多くは、高いオフィス賃料水準を気にすることなく一等地の立地を選考する傾向があります。

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド、アジア太平洋リサーチ部門のマネージング・ディレクター、シグリッド・ジアルシタは次のように述べています。「オフィスの賃貸市場にとっての快進撃はまだこれからです。金融危機以来の好景気に歩調を合わせ、テナントの需要は良好です。アジア太平洋地域は引き続き世界的なオフィス需要増加と改革アジェンダの恩恵を受けるでしょう。同地域の主要都市における2018年のオフィス床需要は1億2千フィート(約330万坪)に達するでしょう。」

東京の位置づけ


東京については、市場に新規に投入される供給が過去5年に渡り継続していた賃料上昇ストーリーにブレーキをかけることになるものの、2018年におけるその影響は緩やかにとどまるとみられます。アジア太平洋地域では、堅調なテナント需要を背景にした建設ブームがさらに高品質なオフィスを創出し、立地が多少中心地から離れていても品質の高い物件が選ばれる傾向にあります。東京でも質が高く、ライフスタイル・アメニティの充実した物件がプレリーシング時点で期待を超える好調さを見せています。長期的には、こうしたプレミアムなオフィスの開発を多く有する東京が、アジア地域本部の拠点選定という観点から競争力を持つことになるでしょう。

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド、日本法人リサーチ・ディレクター、鈴木英晃博士は、次のように見解を述べています。「新規供給のプレリーシング活動が好調ですが、その背景には大量供給を控えた状態でのオーナー側のテナントへの態度軟化と、新築ビルのライフスタイル・アメニティが、テナント企業の人材確保を目的とした労働環境改善の動きとマッチした結果ともいえます。不動産デベロッパーにとって良好なマクロ状況が後押しし、2020年以降における開発プロジェクトの詳細もさらに具現化されてきました。大量供給による良質なオフィスストック形成のハード面と同時に、ソフト面である働き方改革の進展も見られています。本格な導入がさらに進めば、東京の国際競争力はさらに向上していくでしょう。」

レポート原文とインフォグラフィックはこちらからアクセス頂けます。




クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドについて

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、70カ国以上の45,000人の従業員が、優れた不動産ソリューションのプラットフォームを駆使し、グローバルな視点とローカルに根差した知見を融合させることにより、オキュパイヤーと投資家の皆様の不動産価値を最大化させる支援を行う世界有数の不動産サービス会社です。クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、エージェンシーリーシング、アセットサービス、キャピタルマーケッツ、ファシリティーサービス(C&Wサービスのブランド名で展開)、グローバルオキュパイヤーサービス、インベストメント&アセットマネジメント、プロジェクト&デベロップメントサービス、テナント・レップ、バリュエーション&アドバイザリーのコア・サービス全体で60億ドルの売上高を有する最大の商業不動産サービス会社の一つです。詳しくは、公式ホームページwww.cushmanwakefield.com または公式ツイッター @CushWake にアクセス下さい。


本レポートに関するお問合せ:

鈴木英晃

リサーチ・ディレクター
+81 3 3596 7804
hideaki.suzuki@cushwake.com


メディア・コンタクト:

岡安 祐子

ヘッド・オブ・マーケティング&コミュニケーションズ
+81 3 3596 7045
yuko.okayasu@cushwake.com