日本物流四半期レポート創刊

MB Logistics pageview
クリックすると拡大します
東京、2017年11月14日-クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(C&W)は日本の物流施設に関する定期レポートを創刊いたしました。これにより2017年第3四半期からオフィス、リテール、インベストメントに加え、4セクターに渡る市場動向を四半期ごとに提供できるようになりました。

世界中の主要市場のセンチメントを四半期ごとに追跡分析するデータシリーズ(Data Into Action)「マーケットビート」は、C&Wの刊行物の中でアジア太平洋で最も読まれているレポートです。経済指標、賃料・空室率動向、取引量、直近の取引事例などをお届けし、不動産の意思決定をお手伝い致します。

創刊に当たり、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド日本法人リサーチ・ディレクター、鈴木英晃は次のように述べています。「Eコマースに支えられ急速に成長してきたのが物流セクターです。今後もさらに発展していくことが予想され、物流施設スペックも新しい時代・ニーズにあわせ変化していくと考えられます。今後、物流セクターの変革を同レポートで取り上げていきます。」

最新の日本物流施設動向は、こちらからご覧頂けます。また、世界の主要市場動向は「グローバル・マーケットビートポータルサイト」からアクセスいただけます。