過去最高の収益を記録、利益率向上 - 2014年12月期中間決算 -

クリックすると拡大します

 クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(Cushman & Wakefield Inc. 本社:米国・ニューヨーク。以下、C&W。)は、2014年上半期(1月1日~6月末)の総収益が前年同期比23.7%増加し、過去最高の1,279.0百万米ドルに達したと発表しました。
親会社の所有者に帰属する調整後当期利益(*1)は前年同期比14.1百万米ドル増加して2.3百万米ドルになりました。
C&Wの株式は、投資会社であるエクソール(EXOR S.p.A. イタリア証券取引所上場)がその過半数を所有しています。
(数字は注記のない限りいずれも米国会計基準(U.S.GAAP)に準拠しています。)

上半期のハイライト(%は前年同期比変動率)

● 手数料収益は24.2%増加して895.2百万米ドルに達し、過去最高となりました。
● 手数料収益は世界の全3地域で増加しました。増加率は米州地域21.4%、欧州中東アフリカ地域27.8%、アジア太平洋地域39.3%でした。
● (プロパティマネジメントなどを扱う)「法人テナント・投資家サービス部門」の手数料収益が49.9%増加して全体の収益増を主導しました。2014年6月末時点の全世界の管理物件床面積は昨年12月末時点から14.1%増加して約12億平方フィート(約33.8百万坪)に達しました。
● 調整後EBITDA(*2)は159%増加して38.1百万米ドルとなりました。
● 500百万米ドルのシニア・クレジット・ファシリティ(融資枠)を無担保かつ従前より有利な条件でリファイナンスしました。

C&WのCEOであるエドワード・フォーストは次のように述べています。
「今年上半期中、グローバルな投資家やテナントの需要が不動産市場を牽引しました。当期のC&Wは、収益が過去最高水準に達し、調整後EBITDA(*2)は前年比2倍を超える力強い業績となりました。」
「エクソール(およびフィアット)の議長ジョン・エルカンが(本年4月に)C&Wの取締役会議長に就任したことは2017年のC&W創業百周年に向けた戦略実現の加速に寄与するでしょう。また、C&Wの強固な財務実績とリファイナンスした融資枠は、世界中の基盤都市(foundation cities)における戦略的な成長機会に対して当社が行動を起こすにあたり、一層の柔軟性をもたらすでしょう。」 
  
注記
*1:「親会社の所有者に帰属する調整後当期利益」は非GAAP財務指標です。特定の非経常的な買収・再編に係る費用、特定のソフトウェア資産の加速度償却、減損損失等の税効果考慮後の影響を除外しています。
*2:「EBITDA」と「調整後EBITDA」は非GAAP財務指標です。EBITDAは正味支払利息・金融・所得税・償却の各費用を控除する前の利益であり、調整後EBITDAはEBITDAから特定の非経常的な買収・再編に係る費用を除外したものです。当社はこれらの指標が、当社の業績を同業他社のそれと比較して評価するにあたり有用であると考えています。
                                              以上