アジアのホテル投資額はリーマンショック後最高へ

クリックすると拡大します

 クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、アジアのホテル市場に関する年次レポート「Hotel Views 2014 Asia Pacific」を公表しました。このレポートでは、アジアの23都市におけるホテル市場の現状分析と展望について以下のとおり述べています。

1. 2013年上期のアジアのホテル投資総額は51.6億米ドルに達し、前年同期比53%以上増加した。2013年通期では100~120億米ドルに達するとC&Wは予想する。これは2008年のリーマンショック・世界金融危機後の最高額となる。

2. アジアのほとんどの市場で2012年のRevPAR(注)は前年比上昇した。アジア全域で各国政府当局が空港・鉄道・港湾を増強し、都市の接続性やインフラを強化して観光部門を後押ししていることも一因である。
 (注)Revenue per Available Room 販売可能客室あたり売上高。ホテルの収益パフォーマンスを測る代表的な指標

3. 2012年のRevPAR上昇率トップ3はバンコク(19.3%)、香港(10.1%)、ジャカルタ(9.8%)だった。

4. 2013年上半期のRevPARも前年同期比8%増で推移した。しかし、一部地域での大量供給の影響によりアジア全体ではRevPARは年後半に低下し、2013年通期では前年以下になると予想される。

5. 今後2~3年で15,000室以上の客室が供給されるソウルを除けば2014年にはアジアのホテル市場のRevPARは総じて旺盛な観光需要に支えられ上昇に転じるとC&Wは予想する。

6. 東京はオリンピック開催都市に決定したことで、観光地として確立されたイメージはさらに強化される。中長期的に市場に好影響があるだろう。
                          以上